カテゴリ:アーティスト( 18 )

ただいまアーティストさんは?

今年度のワークショップに関する内容を、各アーティストさんが、

只今考えていくれています。


では、招待作家さんをご紹介します。


松尾 栄太郎さんはやる気満々で、京都から茨城にいきますよ!とのこと。

栄太郎さんは亡き井田照一さんのお弟子さんで、

2004年には真壁町にも1ヵ月間滞在され、この地にゆかりもあり、

アート制作をされた経験のあるので期待は大ですね。


竹内 秀実さんは今回企画に、一番初めに了解のお返事をいただき、

今はまだ筑波大学院の学生さんですが、竹内さんの積極性にとても好感が持てますね。


林 千絵さんはワークショップに不安を抱えながらも、とても障害のある方のことを、

熟慮してくれていて、何が飛び出すかはまだ分かりませんが、

確実によい結果を生んでくれるとおもいます。


ササタニーチェさんはまだまだ24歳と若手ながら、好奇心も旺盛。そして、

映像を紡ぐための行動力や、確実に人に伝えるだけの言葉を持っている方です。

今回はいつもとは違う、あらたな境地にチャレンジしてくれます。心強いです。


岩澤 美帆&康 舜慧は陶芸をなさっていて、今年武蔵野美術大学を卒業し、

まだ経験は浅いですが、そのぶんコンビネーションで、フレッシュな提案をしてくれることでしょう。


新田 学さんは、今回は書道のようにカリグラフ的に、書くということにこだわり、

障害のある方といっしょに並んで、挑戦したいと鼻息を荒げていました。楽しみですね。


さてここからは参加作家(友情参加)

城彰宏さん、松田路子さん、南阿豆さんは皆さんもうご存知ですから、

説明は省きますが、前回よりまたは前々回より、よいご指導をしていただけると思います。


このようなメンバーで予定されています。さてこのように心強い人たちが多いので、

ボクの方はもう出る幕ないのですが、また障害のある皆さんと、

お会いできるのを楽しみにしています。   出町光識
[PR]

by artcolabolabo | 2011-06-11 00:08 | アーティスト

地震に負けるな!

南さんから、故郷茨城のみんなを震災を心配して、ポスターが届きました。

アップしておきます。

a0138481_7373123.jpg

通所施設の時計台さんの建物は、屋根が落ちて、

みんなはまずは、自宅待機。

みんな一緒に頑張ろう!   出町光識
[PR]

by artcolabolabo | 2011-03-15 07:24 | アーティスト

ユカリちゃん!踊る!

a0138481_9493333.jpg


23日はアートコラボラボ展覧会の会場で、

ダンスイベントがありました。

そう、臼井由佳利ちゃんが、ダンサー南阿豆さんと、

踊りをしたのですよ。



a0138481_9511034.jpg


お客さんのたくさん来てくれて、

どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、

興味津津のようすでした。


このダンスでなんといっても光っていたのが、

ユカリちゃん!

完全にプロの南さんを食ってしまうほどの本番強さ。

彼女の舞う恍惚の顔は、リハーサル以上であり、

しっかり、すっかり、すっきりと、やり遂げたよう思いますね。



a0138481_1002138.jpg


これも遠い桜川まで何度も、指導した南さんが通ってくれたおかげで、

悩みながらもアーティストとして南阿豆さんが、

試行錯誤した人柄があってのことでしょう。

でも、ユカリちゃんのもっている才能の花開きは、

本人に凛としたオーラがありました。

きっと、最初からすべてをお見通しだったんじゃいかな。


それほどまでに気持ちのいい、ユカリちゃんの表情でした。

ユカリちゃん最高です!
[PR]

by artcolabolabo | 2011-01-24 10:00 | アーティスト

藤田くんの絵

昨日、紹介した藤田くんこと、藤田昭くん。

福祉作業所 時計台さんに通っています。

この元気なアートコラボラボのワークショップの時間が、

とても楽しみで、それまでには、何だか原因不明の?

お腹が痛くなって、医者通いもしたのだけど、

城彰宏さんが来てくれて、絵を描くのが益々好きになったからかな?


a0138481_23333321.jpg


もう病院なんて行きたくないみたい。

まさに元気なアートだね。

絵を描くことは小難しい芸術とか?特別なことではなく、

生活と一緒ににあるんだなと、藤田くんの周辺では感じているようです。


a0138481_23404862.jpg


美術館での展覧会の会場には、お父さんもやって来て、

城さんと一緒にいるぼくらに、日常の様子を話してくれました。

自転車の分解や、パンク修理も、藤田くんの特技みたいだね。


藤田くんの絵は、線がのびのびしていて、色づかいも素敵だし、

ぜひみなさんに、見ていただきたい大作ぞろいです。

会場に訪れてご覧くださいませ。やったね。藤田くん!

ぼくは、芝刈りしているお父さんを描いた絵がすきだな~。  出町光識



a0138481_2227303.jpg
元気なアートコラボラボⅡ・桜川市芸術祭2011
『ねぇ、なんで星を見上げるの!』
   日時・1月19日(水)~30日(月)
   AM9:00~PM5:00
   場所・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
   住所・笠間市笠間2345
    TEL 0296-70-0011
内容・障害者とアーティストがワークショップをおこない、コラボ制作した作品の展示会です。昨年に引き続き、待望の第二弾です。


[PR]

by artcolabolabo | 2011-01-20 23:38 | アーティスト

城彰浩さん報告

9月21日、時計台さんでの城彰浩さんのワークショップの報告です。


a0138481_20315025.jpg



テーマは「ぬり絵」。カッコつけると「色分割」です。

パウル・クレーの作品がイメージにありました。

果たして時計台のみんなは、クレーにどこまで近づけるか…!?



まず-、ぬり絵をするために考えなければならないのが

輪郭線です。

どうしたら、楽しく描くことができるか。

どうすれば、面白いものができるか。

そこで思いつたのが、「迷路」と「カーボン紙」でした。



画用紙の上にカーボン紙を乗せ、その上で迷路を3種類やってもらいました。

出口めざして、ボールペンで慎重に道をなぞっていくみんな。

ここで思わぬ才能を見せてくれる人もいました。

何人かは、あっという間に3種類を終わらせてしまったのです。

しかし、迷路が出来るか出来ないかは、この場合問題ではありません。

「予想だにしない線」がカーボン紙を通して画用紙に写し出されることが

目的だからです。

どうしても迷路の出来ない人もいましたが、それは全く問題のないことだと伝え、

とにかく線を何でもいいから引いてもらいました。



いよいよ、一斉にみんなでカーボン紙をめくります。

なんとも面白い輪郭線ができていました。



さぁ、これでやっとぬり絵のはじまりです!

この日はみんな、水彩色鉛筆を使いました。

「すいさいいろえんぴつ?」の質問に

「そう、水をつけると滲むんだよ。」と答えれば、

早速水を汲んできて、すでにぬった個所に指で水滴を垂らす人が現れました。



びっくりうれしかったー!



こうして仕上がったみんなの作品。

そのどれもが、その人にしか描けない、その人だけのもの。

クレーのイメージなんてどこかに吹っ飛んでいました。
[PR]

by artcolabolabo | 2010-10-07 20:35 | アーティスト

アートコラボラボ東京会議

画家 城彰浩さん、舞踏家 南阿豆さんと、

次回のワークショップについて話し合いました。

まだ構想段階ですが、

次回展覧会では、

大きな木や、ディスコでフィーバーなど、

少ない予算ですが何か楽しいことができそうな気がします。

お楽しみに。   出町光識
[PR]

by artcolabolabo | 2010-06-30 18:02 | アーティスト

南阿豆

6月8日。南阿豆さんが桜川市来訪。

来年度のアートコラボラボの展覧会に向けて、

南さんが障碍のある方とのワークショップの下見に

真壁授産学園さんと真壁厚生学園さんに来ました。

南さんは、皆さんとどんなダンスを見せてくれるのでしょうか。
[PR]

by artcolabolabo | 2010-06-08 23:37 | アーティスト

テープカットした御両人さん

【いつも静かに笑っている展】が開催され、

オープニングテープカットをされた、

アーティスト 城彰浩(タチアキヒロ)さんと福祉作業所 時計台の笹川豪君、

d0074542_0424459.jpg


ふたり並んで作品の前で記念撮影です。


城さんは以前に東京目白 FUUROさんという

ギャラリーで自分が企画したグループ展

【ですから展】のときにもお誘いし、

お世話になったアーティストさんです。


その時も感じましたが、献身的に周囲を和ませる人柄や、

勇気づける微笑みがあります。それだけでなく、

アーティストとして自分の立ち方や、

人としての立ち位置などを必ず自己反省できる方です。

本人には直接言うと、照れてごまかされるので、

公共というブログで大声でいってしまいます。(笑) ははは。


今頃は城さんは何を見ているかな。(グッスリと寝てるか。。。。)

自分にとっては距離間を保ちながら、

鏡的な存在でいらっしょる方です。

26日にも来館され、またお会いできるのを楽しみにしています。


笹川豪君、コツコツと描き貯めたピースが、

いつの間にか大きな大作になったこと、良かったね。

いあや、スゴイ!!おめでとう。

27日のパーティで御家族とお会いできること、

楽しみにしていますよ~。  出町光識

   
[PR]

by artcolabolabo | 2010-02-25 01:43 | アーティスト

吉田重信さん

本日は真壁厚生学園と真壁授産学園で、

アートコラボラボワークショップが開かれました。


福島県いわき市在住の現代美術作家 吉田重信さんが、

本日の先生です。遠いところありがとうございます。感謝。


d0074542_0593652.jpg





【利用者さん?なんでしょう。。。。。???】


吉田さんは全国で活躍する光のアーティスト。

やっと吉田さんを招待できる企画が、出来るようになったのが、

今回のアートコラボラボです。


d0074542_051177.jpg






【右 ワークショップする吉田重信さん】

本日障害のある参加者の彼等と、光のワークショップ。

さて、どんな作品ができますかな。

d0074542_0542563.jpg


ちょこっとお披露目。。。。

d0074542_0574450.jpg


本格的には2月からの本格的に制作になります。お楽しみお楽しみ。。。   出町光識
[PR]

by artcolabolabo | 2010-01-20 01:12 | アーティスト

静かな自戒

1月15日、社会福祉協議会 時計台さんで、

城彰浩さんのワークショップがおこなわれました。

a0138481_50337.jpg


城さんのワークショップは、毎回とても参加者の笑顔みられ、

ワクワク楽しいので、その折もご一緒して、

お手伝いしたかったのですが、

参加できず心残りです。。。。


今回の展覧会のタイトル『いつも静かに笑っている』は、

実はぼくらアーティストを迎え入れてくれた

障害のある方の皆さんのどこかひっそりとした笑顔という意味と、

もうひとつは城さんの人柄の姿勢に、

心動かされつけさせていただきました。

城彰浩さんのブログ ちゅーりっぷ前線 -記憶を辿るノォト-
http://m-kiiro.at.webry.info/


城さんが誰かをやさしく見守り、言葉かけをしたり、

笑っている雰囲気が、どこか詩人 宮沢賢治さんの

あの手帳に書かれた言葉と近いような気がしたので、

そのような人になりたいなという気持ちからです。


ぼくらは誰でも傷つけ、傷つけられます。それが人です。

だからこそ、いつも静かに笑っていられるようになりたいのです。   出町光識
[PR]

by artcolabolabo | 2010-01-19 05:07 | アーティスト